スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

この記事にコメントする

edit

丸い鳥

カテゴリ:小言 [2008年02月26日 ]
タバコを買おうとコンビニに入ったところ

初めて身分証明書の提示を求められた。

沖縄での話。

女子高生だろうか、二人の店員

お「バイオレットクダサイ。2個クダサイ」

女「身分証見せてくださいな」

なんだ沖縄は厳しいな

お「そんなに若くないですよ。ウヘヘ」と免許証を見せると

女「えーww、ギリハタチ位かと思ったwwウケルーww」

女「わけぇっすねー。旅行?」

テラフランク

お「ええ、神奈川あたりから」

女「神奈川あたりとかいってウケルーww」

なんだか楽しそうだなぁ、と思いました。


那覇に着いてからはこれといって行きたい所も

やりたい事もなくて、初日はカプホのマンガコーナーで

金田一少年の事件簿を読みふけっていました。

近くの飲み屋でお酒をたしなみ、翌日。


レンタカーでも借りっかなと、事前に調べておいた

やすぅ~いレンタカー屋にTERU

どうせまたサニーかなんかだろうと、覚悟をしていたのだが

なんと新型デミオではありませんか。

乗ってみたかったのでこれはラッキーテンションインフィニティ!

CIMG4338.jpg


ZOOMZOOMZOOMと目指せ本部

適当に岬とか海とか見たり

CIMG4359.jpg


極寒&人っ子一人いない万座毛とかに、よったりしながら名護着


もうあれは6年半も前のことか

はんみょうが泊まっていて、その後一緒に

違う部屋に泊まったホテルうらわ

その存在を思い出し、行ってみると・・・


ある。まだある。

ロビーは真っ暗で、奥のソファーにおじさんが座っている。

「今晩一晩泊めてくださいな」

「え~少々お待ちください」といい

宿帳を丹念にチェックする。

「え~~~、あっ大丈夫です。空いてます」

危うく「ガラガラじゃんか」と言いそうになりましたがグッと我慢しました。

さて今回の旅の3大目的の一つ、宮里そばを晩御飯のステージに選んだ僕は

トコトコと歩いて店へと向かいました。

味も一級品ですが、店員のおばちゃんの愛想の無さも一級品でした。

CIMG4402.jpg


ホテルの周りにはこれといったお店も無く、スーパーと銀行があるくらいなので

カウチポテト用にプリングルスとコーヒーカステラとサーターアンダギー小を買いました。

部屋に戻ってボーっとテレビを見ていても、1週間遅れとかで

見覚えのある番組ばかりなので、お風呂に入りましたところシャンプーがありません。

仕方が無いのでベッドにもぐってテレビを見た振りをしていました。

やがて眠くなり、電気を消すとなんだか異常に怖い。


やべえwwwこええwwww


それもそのはず、部屋への廊下は明かりも無く真っ暗で

部屋のドアの下には3センチほどの隙間が開いており

壁にはなんだか分からないシミとか、壁紙が破けていたりとか。


眠れません。


ベッドに入ったのは21時ごろで、気がつくと2時とかになっていて

テレビも砂嵐だし、貞子とか出てきそうなので

ダッシュでロビーの自販でビールを買い込みガブ飲み

いつの間にか寝ていました。グッドナイト俺
コメント (0) / 

コメント

この記事にコメントする

edit

ミーバイ

ミーバイ

Powered by / © Copyright 鬼の心 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。