スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

この記事にコメントする

edit

歌詞カード無し

カテゴリ:小言 [2007年10月26日 ]
如何せんお風呂のカビがどうにこうにもヤバイかったので

カビキラーを買ってもらいました。

これでお風呂の洗い場に蔓延るカビ達を一網打尽です。

早速カビ達めがけてシュッシュ開始です。


シュッ



シュッ



漂白剤のニオイが漂う中、必死にそれは必死にカビキラーを

シュッシュしました。

カビを狙い、トリガーを引く事はもはや快感でした。


だんだんと飽きてきたので、下品な事を考えながら

カビキラーをシュッシュしました。


はんみょうのバイクのポケットに入ってる灰皿缶の中から

小さいアザラシが出てくる事を想像しました。


それは丁度アクトレイザーの町を発展させる所をやりたいな、と

思った時でした。

あまりのカビの多さに、僕の大事なカビキラーは



プシュッ



プシュッ


とあまりに切ない音を立てて空になっていました。

もうこれではカビを退治する事は出来ません。


お風呂がきれいになった代わりに失った代償は

あまりに大きいものでした。
コメント (0) / 

コメント

この記事にコメントする

edit

ミーバイ

ミーバイ

Powered by / © Copyright 鬼の心 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。